ホーム > 発達障害者支援センター 「えくぼ」 > 新着情報 > 主催研修【報告】 Vineland-Ⅱ(適応行動尺度)研修会 スコアリングの演習と解釈から支援計画へ 2018.12.2

主催研修【報告】 Vineland-Ⅱ(適応行動尺度)研修会 スコアリングの演習と解釈から支援計画へ 2018.12.2

平成30年12月2日(日) 10時00分~16時30分 宮城県啓佑学園 2階研修室

講師:
萩原 拓 氏 (北海道教育大学旭川校 特別支援教育分野 教授)

概要:
 当センターでは,平成27年度よりVineland-Ⅱの研修会を主催し,今年度で4回目の開催となっております。平成27年度は県南,県北の2会場にて概要編研修を行いました。平成28年度からは実践を意識し,記入済み記録用紙を持参してケースレビューをする演習を行い,平成29年度は午前中に概要編と午後にスコアリングの実践編を,今年度は概要から半構造化面接の演習,スコアリングの演習と支援事例まで一連の流れを学べる研修会として,開催しております。 支援の実際に近い形式での研修企画としており,研修会を受講したことによって第一線で活躍されている支援者のアセスメントツールのひとつとして活用いただけますので,受講の際には,マニュアルと記録用紙の持参を求めています。マニュアル等については所属先でご用意いただくなど,関係機関の御協力もいただいておりました。

 今回は,午前中は,Vineland-Ⅱの概要,講師による半構造化面接の実演,受講者による面接演習を行い,午後はスコアリングの演習,発達障害支援の視点や考え方など豊富な事例を紹介しながらの講義となっています。受講者アンケートからの感想としては,スコアリングの演習のみならず事例を交えての実際の支援の話が聞けて大変参考になった,大変有意義な研修でぜひ活用したい,研修を活かして支援計画を立てていきたい,等の意見をいただいております。

(研修会の様子)

 

県中央地域福祉サービスセンター
〒981-3213 仙台市泉区南中山5丁目2-1
電話 : 022-379-5001
発達障害者支援センター「えくぼ」
電話 : 022-376-5306