ホーム > 宮城県援護寮 > 利用方法 > 自立訓練(生活訓練)・宿泊型自立訓練

自立訓練(生活訓練)・宿泊型自立訓練

 精神障がいを持った方が、自立した日常生活や社会生活が出来るように、一定期間、生活能力の向上のために必要な訓練と支援を行います。

利用対象者

宮城県内(原則として、仙台市を除く)にお住まいの精神障がい者の方で、現在入院治療の必要はないものの、地域生活を送る上で、何らかの支援を必要とする18歳以上の方が対象となります。

定員

男女に関係なく定員20名、短期入所 2名です。
全室個室(バス・トイレ、ベット付き、冷暖房完備)。

利用期間

2年以内に目標を達成して、退寮することを目安にしていますが、特に必要な場合は1年を超えない範囲で、利用期間を延長することができます。

支援内容

自立訓練(生活訓練)

寮に通いながら、講座、調理などを通し、地域生活に必要な力を身につけます。
創作活動、行事参加、運動など興味の幅を広げます。
ボランティア活動や、地域への貢献、地域との交流を図ります。
※土日祝日、年末年始はお休みです。
※活動時間 AM 10:00~11:30  PM 13:30~15:00

宿泊型自立訓練

寮での生活を通して、起床から就寝までの規則正しい生活のリズムを作ります。
掃除、洗濯、食事、服薬管理、金銭管理など生活技術を身につけます。
当番への参加もあります。

費用

  • サービス利用料 … 原則として1割負担
  • 光熱水費 … 日額320円
  • 食費 … 日額804円(朝食407円 夕食397円) (※食事提供加算が支給された場合の実質的な自己負担額は日額103円となります)
  • その他、個人ごとの支出として、医療費、昼食代、日用品費などが必要になります。

利用について

☆まずはお住まいの市町村福祉課、相談支援事業所にご相談ください。
見学の際は、事前に予約をお願いします。

県北地域福祉サービスセンター
〒989-6117 大崎市古川旭5-7-21
TEL 0229-23-1513
FAX 0229-23-1562
県北地域福祉サービスセンター
〒989-6117 大崎市古川旭四丁目3-7