ホーム > 県北ブログ > 宮城県援護寮 > 実習生インタビュー

県北ブログ

実習生インタビュー

援護寮では,県内を中心とした養成校からの実習生受入れをしています。

 

7月~8月には東北福祉大学3年生1名が「精神保健福祉援助実習」に来られました。

実習期間中は,利用者様の日中活動に参加したり,職員の業務について学んだり,

現場実習ならではの体験をしていただいています。

  

実習生インタビュー

  

interview_microphone_36960-300x300

Q 精神保健福祉士を目指す理由は?

A 将来福祉の仕事に就きたいためです。

  

Q 大学ではどんな勉強をしていますか?

A 精神医学,家族心理,就労支援サービス論など,たくさんの講義があります。
 

Q 「自立訓練」についてどう思いましたか?

A 実習前は単純に「掃除」「洗濯」「買い物」といった家事の訓練だと思っていました。

  余暇や運動,金銭管理,コミュニケーションなど,幅広い内容だと知って驚きました。

 

Q 実習全体の感想は?

A 初めて知ることばかりで,「自分はこんなにも知らないんだ」と思い知りました。

  利用者の皆さんからは声をかけられ,徐々に話ができるようになって嬉しかったです。

  

インタビューのご協力ありがとうございました。

実習生の方が来られると,職員も普段の業務を客観的な視点で見ることができ,気持ちが引き締まります。

これからもたくさんのことを経験し,たくさん学んでくださいね。応援しています!

県北地域福祉サービスセンター
〒989-6117 大崎市古川旭5-7-21
TEL 0229-23-1513
FAX 0229-23-1562
県北地域福祉サービスセンター
〒989-6117 大崎市古川旭四丁目3-7
代表 0229-21-0266
FAX 0229-21-0272