ホーム > 新着情報 > 総合支援資金特例貸付の延長貸付について

新着情報

総合支援資金特例貸付の延長貸付について

 総合支援資金特例貸付につきましては,原則の貸付期間の3月目において,引き続き,新型コロナウイルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し,日常生活の維持が困難となっている世帯が,生活困窮者自立支援法に基づく自立支援機関による支援を受ける場合に,貸付期間を延長してご利用できる場合があります。

 つきましては,総合支援資金特例貸付の貸付期間延長をご希望の方は,お住いの市町村を担当する生活困窮者自立相談機関及び,お住いの市町村の社会福祉協議会へご相談いただきますようお願いします。

 1 延長貸付対象者について 

  下記の3つの要件すべてに該当する者が対象となります。

(1)総合支援資金の特例貸付の初回貸付を受けており,令和2年9月までに3月目である貸付期間が到来する世帯であること。

(2)初回の原則貸付期間の3月目において,引き続き,新型コロナウイルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し,日常生活の維持が困難となっている世帯であること。

(3)生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援機関による支援を希望し支援を継続的に受けられること。

 2 手続きの流れ

 3 相談先について

社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-2-3
TEL 022-225-8476(代表)