ホーム > 新着情報 > 令和2年7月豪雨を踏まえた生活福祉資金(福祉資金「緊急小口資金」)の特例貸付の実施について

新着情報

令和2年7月豪雨を踏まえた生活福祉資金(福祉資金「緊急小口資金」)の特例貸付の実施について

 社会福祉法人宮城県社会福祉協議会では,「令和2年7月豪雨」で被害を受け,今後おおよそ1ヵ月以上の期間において宮城県内で避難生活を送られる世帯で,当座の生活費を必要とする世帯に対し生活福祉資金貸付(福祉資金[緊急小口資金])の特例を下記のとおり実施することになりましたのでお知らせします。

1 実施期間 令和2年8月24日(月)から当分の間
2 貸付対象等 令和2年7月豪雨により,災害救助法の適用となった地域(市町村)に住所を有し,
  当座の生活費を必要とする世帯で,今般の災害により本県に避難してきた世帯。
3 借入申込先 避難先の市区町村の市町村社会福祉協議会となります。
4 貸付金額の限度 原則1世帯につき,10万円以内とします。
  ただし,別途要件に該当する場合は20万円以内となります。
  (1)  世帯員の中に死亡者がいるとき。
  (2)  世帯員に要介護者がいるとき。
  (3)  世帯員が4人以上いるとき。
  (4)  前各号に掲げるもののほか,重傷者・妊産婦・学齢児童がいる世帯等で特に
      社会福祉協議会会長が認めるとき。
5 貸付金の交付 原則,申請人の指定する金融機関口座への送金となります。
6 貸付方法 据置期間 1年以内,償還期間 2年以内となります。

 お問合せ

社会福祉法人宮城県社会福祉協議会

〒980-0014 仙台市青葉区本町三丁目7番4号

震災復興・地域福祉部 生活支援課

TEL 022-225-8478  

  

  

   

                 

 

 

 

   

社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-2-3
TEL 022-225-8476(代表)