「新生三陸鉄道で陸中海岸を楽しむ旅」

  ローカル鉄道シリーズ第2弾は3月23日に全線開業した三陸鉄道です。東日本大震災の被害で不通になっていたJR東日本の釜石~宮古間と、既存の路線を含め盛~久慈間の163Kmが三陸鉄道リアス線として営業を開始しました。

 今回はその中のほんの一部、浪板海岸~釜石間約30分程でしたが、陸中海岸を車窓から楽しみました。

 仙台を出発したときは雨でしたが、次第に小降りになり釜石道に入った頃には止み、釜石到着後には雲間から日差しが差し込んできました。

 釜石駅で釜石観光物産協会の横山さんと合流し、「三陸花ホテルはまぎくま」での約1時間を案内していただきました。まだ工事中の箇所も多く、8年の年月が過ぎたにも関わらず復興にはまだまだだと感じました。途中でラグビーワールドカップの会場となる「釜石鵜住居スタジアム」に立ち寄り記念写真を撮りました。

 お昼は「三陸花ホテルはまぎく」で海の幸をふんだんに使った海鮮ランチをいただきました。食後にはホテルのテラスを散策し、上皇后陛下が皇后時代に泊まった際に詠まれた歌碑を見たり波穏やかな大槌湾を眺めました。

 午後はこの旅のメインである三陸鉄道へ乗車しました。本来は1両編成の列車ですが、たまたまレトロ調の特別車両が連結されており、わずか30分ほどでしたが存分に列車の旅を楽しみました。

 釜石駅では隣接された観光施設シープラザ釜石でショッピングを楽しみ、三陸自動車道で仙台へ戻りました。

CIMG8237
CIMG8242

お問い合わせ先

宮城県社会福祉協議会 人材育成部・いきがい健康課

TEL:022-223-1171