社会福祉法人郡山清和救護園 難波理事長様へ感謝状を贈呈しました

 宮城県社会福祉協議会では、サービスの質の向上、人材育成や職場の環境改善等を目的として、「福祉QCサークル活動」に取り組んでいます。

 活動を取り入れたのは、旧宮城県社会福祉事業団時代の平成13年度からですが、導入時から社会福祉法人郡山清和救護園理事長 難波朝重氏に研修講師や特別審査員をお願いし、福祉QC活動の進め方のノウハウ、サークル活動の評価、法人としての取り組みや体制整備など活動全般にわたり御指導をいただいてきました。

 この度、5月19日(木)に本会加藤会長が救護施設郡山せいわ園を訪問し、難波様の長年の研修指導に対し感謝状を贈呈させていただきました。
 今後とも、社会福祉法人郡山清和救護園様には福祉QCサークル活動の先駆者として、本会の活動に対し御指導・御鞭撻をお願い申し上げます。どうもありがとうございました。
                             

人材育成部 研修課

発表大会でのご講演の様子
本会会長より難波理事長様への感謝状です。